不用品を回収してもらうまでの流れと利用方法がわかるサイト

>

人の成長とともに

何でも捨てる前に

大型ゴミになるような台やスチールラック、そして邪魔になるボックスやケースや小物も、再考の余地はありませんか。
一度家の中の模様替えプランを立ててみると、意外に大きな台が使えたり、アイデア次第でちょっとDIYで棚を付けたしたりで、癒しのスペースや装飾品を置くテーブルになったり、利用できることもあります。
家具量販店に行けば新しくて安価な物もすぐ手に入りますが、ちょっとした気分転換に工作気分で楽しめることもあります。
フリーマーケットなどを利用するのも、地域を共有する近所の知らない人と品物を介してコミュニケーションもとれるメリットがあります。
自分にはもう用のない物でも、他人にとっては有難がられる物もあり、活用して貰えればこちらも有難いです。

不用品処分を決めるまでのシナリオを作ろう

自分なりに、品物にそれぞれラベルをつけるようなイメージで、そろそろ使わないとか、飽きてきたとか、壊れている等の分類をしてしまうことです。
そして使う頻度の少ない物は包装を残して買ったまま置く等、とりあえず考えがまとまるまで保留しておいて、時系列に処分を検討していきます。
自宅にある備品の確認もせず、整理もせず、買い足すばかりでは同じような物ばかりが重なるばかりで、部屋の印象も変わらず、結果としてマンネリ化するばかりです。
きれいに保管したり手入れをしておけば長持ちしますが、十分使い込んで、すでに飽きている時もあります。
壊れていたり古すぎて使えそうにない物は廃棄する、つまり不用品回収業者に引き取って貰うことにして、後悔がないようにすることも必要です。


この記事をシェアする